ロスカットも利益確定も自由自在、マネックスのツイン指値

2006年12月29日

東証株価、来年は2万1千円!日本株の未来は明るい?

東証株価、来年は2万1千円!という予測を
カブドットコムの山田さんがテレビニュースで答えていました。

年頭はライブドアブログの急落でみんな痛い目にあって
中央線の運行停止も多かったのですが(爆)、後半は順調でしたね。

私も少しだけ稼がせていただきました。
損もしましたけど、トータルはOKでした。

日本株の未来は明るいのでしょうか?
まず世界情勢から見て行きましょう。

アメリカの株価は日本にもっとも強い影響を及ぼしますが、
これが崩れそうでまったく崩れないのが強いですね。
不動産バブルがはじけて、痛い目にあっている人もたくさんいるだろうに、
パニックにならない。
株価が落ちない、なぜでしょうか?

アメリカの一般の人は投資に対して日本人に比べればものすごく詳しいです。
株、貯金、保険、不動産、その他の投資
さまざまなものに分散した投資をしています。
その点で、不動産の崩れがすぐには反映されないのでしょう。

何とか持ちこたえることができればそのうち他のもので損失を吸収できてしまいます。
株式市場にまつわる証券会社も投資家も、
崩れずに持ちこたえるようにと自制してるのではないかと思われます。

大人ですね。
日本では何かあるとみんなでわーっと行きますが。
(だから稼ぎ易いのでもありますが、破綻もします。)


国際情勢、政治や軍事はどうでしょうか、
北朝鮮は日本にとってはとんでもない目の上のたんこぶですが、
アメリカやロシアや中国にとっては駒のひとつでしかないですね。

ですから、国際的には大きな問題になりそうなのは
イラクのその後であり、アルカイーダの活動でしょう。

でも、これは予測できない部分が多いしなあ。
テロなどで大きな影響を受けそうな株は
ごく一部にしておくのが正解ということでしょうか。
旅行関係とか。



国内を振り返ってみると、
今後の問題はやはり国際的なM&Aに対応する国内企業の合併や買収でしょう。
特にトップクラスの企業でありながら、業績は下向きだったり株価が低迷しているところ。
ニチロのような買収決定と爆発と言うこともあります。

早めに目を付けておいて、仕手株の沸騰の前のようなあやしい乱高下
(小規模だけど時間で見るとはっきりした変動)
があれば仕込んでおくのがよいかもしれません。
posted by チキンハートまうす at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

マルハとニチロが統合!

マルハとニチロが統合!
そういうニュースが一面トップを飾った。

業界第1位のマルハがニチロを吸収統合する形になり、
2位の日本水産を大きく引き離して業界トップに君臨する。

そもそも、水産業界の株はディフェンシブ銘柄といわれ、
相場の変動が激しいときや下降傾向にあるとき、
日経225の勢いがなくてもそのまま上昇し続ける力のある
安心銘柄として良く知られている。

そんな中で、業界第3位のニチロの株はだらだらと落ち続けていた。
そんなニチロの株の下げ停まりが先月末にあり、
今月上旬は少しずつであるが着々と上がり始めた。

底を打ったとはいえ、あまりにも切り返しのはっきりした上昇。
そこに持ってきて昨日の統合発表であるが、
発表前には大幅な株価の上昇が始まっていた。

そして今朝の暴騰である。

なんだか、関係者はこっそり買い続けていた、
話は漏れ漏れだったとしか思えない。

でも、ニチロの株価ウォッチングを続けていたものは
それに気がついたはずである。
そこのところが残念でならない。

11月上旬までは、いつ頃底を打つのかと
気にかけていた銘柄なのだが。。。


教訓:やはり業界上位の会社の株価が低迷を続けているときは
そしてそれが業界全体の流れに逆らっての低迷である場合は
目を離してはいけない。

これからさらにニチロの株を買うことの意味であるが、
買ってみて悪いことはないと思う。
単位株の額もまだまだ低いし、TOBが出た場合、
両者の業績に問題がない発展的統合であれば
株は上がり続けるのが常である。

ところでここのところ日経平均が安定してきた。
今回のニチロのように個別の株に目を向け続けるのはしんどいが、
日経平均は毎日のように見ているので
実はその上がり下がりの予測を、
慣れているものはかなりの確率でつけることができる。


日経225先物メールニュース プラチナ会員 初月1ヶ月分購読料(特別価格)

日経平均そのものを取引する場合、しかしながら
個別の株とは異なる目線での分析が必須である。

そういう目をどう養うのか?
しばらくは専門家の目線から学習するのも悪くない展開である。
上記のプラチナ会員、入会者の評価は非常に高い。

とりあえず1ヶ月だけ学習のつもりでの参加も悪くない選択である。
posted by チキンハートまうす at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

「株式投資虎の巻き」(1)

「株式投資虎の巻き」(1) 著 者: KIU投資経済研究所
この「株式投資虎の巻き」を読み終えた瞬間・・・
          あなたは株式長者の道をしっかりと歩み始めることでしょう。

も く じ
 ■ はじめに
 ■ 「株式投資虎の巻き」
   (珠玉の名格言集)
   1 あせるな、株は明日もある
   2 上げは別々、下げ一緒
   3 一文新値は、鬼よりこわい
   4 命金には手を付けるな
   5 どんな株とも結婚するな
   6 夜明け前が一番暗い
   7 山高ければ、谷深し
   8 人の行く裏に道あり花の山
   9 「まだ」は「もう」なり、「もう」は「まだ」なり
  10 市場に重心を置け
  11 押し目買いに押し目なし
  12 半値、八掛け、二割引き
  13 不景気の株高
  14 利食い千人力
  15 閑散に売りなし
  16 天井三日、底百日
  17 損の限界を設定しておけ
  18 株価の里帰り
  19 逆日歩に、買いなし
  20 値にほれて、買いたる柿の渋さかな
  21 保ち合い放れにつけ
 
--------------------------------
「株式投資虎の巻き」(2)で説明
目次
■ ここから先は儲かっていない人だけお読みください
   (貴方が「株式長者」になるための大切なお知らせです)
--------------------------------
続きを読む
posted by チキンハートまうす at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ステラ・ケミファでとりあえず10%プラス

ステラ・ケミファを4170円で買った。
今日の終値は4590円で、1日で10%上昇だから嬉しい。

昨日の朝10時ごろ、上昇銘柄の中からステラ・ケミファを選択して購入。

理由は
@チャート形状が底値からの上昇であること、

A朝一番のニュースで政府方針でハイブリッド車の増産が後押しされるので、
 ハイブリッド車用のリチウム生産で同社が圧倒的シェアを誇ること、

Bファンダメンタルに不安材料がないこと

直近の高値の4800円付近で一度ピークが来るかもしれないが、
そのあとすぐに上昇すると思われる。5200円ぐらいまでは安心だろう。

中期で見ても下がる要素はない。
6000円の壁をすーっと抜けるようであれば、
7500円ぐらいまでは上がってもおかしくない可能性を秘めている。

とは言うものの、いつもうまく行かないのが世の常(笑)

posted by チキンハートまうす at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | チキンハート投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

新興市場の次は東証一部小型株

日経平均の上昇がここのところ安定してきた。
なによりも日によって全面安か全面高の振幅を繰り返しながら
次第次第に上がってくるので扱いやすいのが良い。

そんな中で新興市場が長い低迷から息を吹き返した。
ほんとに長かった(ノ_・、)シクシク

とりあえず先週から今週でモーニングスターで少しだけ上昇。
113000円で買って124000円で2株売ったから、
先日の日本伸銅でのへこみをなんとか帳消しに出来た形だ。

このまま出遅れの新興市場株を目指すか、
それとも別のところに向かうかは考えどころ。

東証一部のメインのハイテク株や一流企業はひととおり元に戻ってしまった旨みがないが、
唯一取り残されているのは東証一部の小型株だろう。
出来れば底をはいずっているか、落ちてきたけどその購買がゆるくなってここ数年の最安値に近くなっているもの。
その辺から探して年末か来年年明けぐらいまでもっていれば・・・。

では、その小型株をどうやって選ぶのか?
そのノウハウはきっとどこかに並んでいるはずなのだが。。。
posted by チキンハートまうす at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | チキンハート投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。