ロスカットも利益確定も自由自在、マネックスのツイン指値

2007年04月02日

日銀短観予想が明日は発表されます。

日銀短観予想が明日は発表されます。

予想はおおむね、前回同様で堅調ということです。
これが大きく崩れない限り、4月の株価は安定でしょう。
4月はおおむね毎年、上昇相場になります。

それはけっこう高確率で言えることですね。


三菱総合研究所の日銀短観予想を
以下に一部だけ、引用させていただきました。



日銀短観(2007年3月調査)予測
株式会社三菱総合研究所

株式会社三菱総合研究所
(代表取締役社長 田中將介 東京都千代田区大手町二丁目3番6号)では、
4月2日(月)に日本銀行より発表される
「企業短期経済観測調査(日銀短観)2007年3月調査」の
業況判断DIと設備投資計画について予測を行った。

1.業況判断DI

大企業・製造業の業況判断DI  
---------  26%ポイント( 12月調査比 +1ポイント )

大企業・非製造業の業況判断DI  
---------  23%ポイント( 12月調査比 +1ポイント )

● 基調判断

今回の業況判断DIは、景気の堅調さを確認できる結果となろう。
内需の柱のひとつである設備投資は
企業の前向きな経営スタンスに支えられ増加基調にあり、
個人消費も足取りに力強さは欠けるものの回復基調にある。

加えて米国向け輸出の減速テンポもいまのところ緩やかであり、
暖冬も非製造業を中心におおむねプラスに働くことが予想される。

円安の修正や株安などのネガティブ要因はみられるものの、
足元の業況感を押し下げるには至らないと考えられる。

http://www.mri.co.jp/PRESS/2007/pr070319_pec01.html

詳細はこの↑urlでご確認ください。




業績に関して明らかなマイナス要因がない限り、
今月は、堅調な投資ができそうです。

株主優待の権利落ちで下がった株を中心に、
スイングから中期で安心して買えそうですね。
posted by チキンハートまうす at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37502297

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。