ロスカットも利益確定も自由自在、マネックスのツイン指値

2007年05月13日

株取引に関するスモールチップス

あなたが今日使用することができる株取引チップ
ピートRenzulli

この問題で:
• 右であるに対してお金をするように取り引きすること。

• 損失命令を止めてください: ただ損失を取る以上

• どう適切に移動平均線を使用するか。

• どの株を取り引きしたらよいかをどう選ぶか。


 正しくなるように取り引きするに対してお金をするように取り引きすること。

本当に、新しいトレーダーの顔が損失がビジネスの一部であるという事実を理解するのにおいて最も一般的な問題の1つ。 お金を稼がない取り引きは息に空気を必要とするのと同じくらい必然です。 ここに、新しいトレーダーが握らないキーがあります:

損をする取り引きは必ず貿易不振であるというわけではありません。 考え抜かれて、取り引きプランに書かれた井戸に基づいて入られた取り引きは良い取り引きであり、どんな問題も結果ではありません。 彼らが有益でなかった取り引きを出た後にしばしば、私たちは「あなたは再び同じ貿易を作るでしょうか?」を私たちの立会場のトレーダーに尋ねます。 答えがはいを支持しに来るなら、私たちは、トレーダーが正しい軌道の上にいるのを知っています。

はいとこの質問に答えることができるトレーダーは、お金を稼ぐために取り引きしています。 彼らは、これが多分それらが今月作る数百のちょうど1つの貿易であることを理解しています。 この重要な考え方に達したトレーダーは楽に1つの貿易から次まで移るでしょう。 それがあなたが貿易から貿易までどう反応するかということであるかどうか自分に尋ねてください。

だめにされて、スクリーンかポンドでキーボードを大声で言うトレーダーは彼の自我に取り引きしています。 彼は、彼の輝かしい分析が正しいと立証するために取り引きしています。
ずっとあなたが正しくなるように取り引きしているならモニターする中で最も簡単なもの: あなたが損をする取り引きをどれくらい無傷に出るかに関する注意を向けてください。 少しでもためらうなら、あなたには、する何らかの頭脳労働があります。

取り引きで自分にする別の重要な質問: 「私にこの位置がないなら、それが欲しいでしょうか?」 最初の答えがいいえを支持しに来て、取り引きを出ないなら、あなたはあなたの自我から取り引きしています。

トレーダーの格言: 確率を算定してください、そして、取り引きを置いてください、そして、取り引きを開いてください、そして、あなたがするのを計画していたことをしてください。

 損失命令を止めてください: ただ損失を取る以上

私がエントリー信号対出口のテクニックに費やされた時間に費やされた時間の割合を置かなければならないなら、90-10のエントリー信号を言うでしょうに。 結局、適切に位置を管理する方法を学ぶのは、あなたが毎カ月あたり1チェックして家へ持ち帰る理由でしょう。 あなたの究極の目標はあなたの取り引きの「あなたが作るべきであるものを作ります。」のためのことです。 明らかに、それは移動の極端で一貫ベースで外へ出るのにおいて可能ではありませんが、あなたが利潤を極大化して、損失を最小にするのに使用するべきであるいくつかのテクニックがあります。

特定の停止損失のテクニックについて議論する前に、私たちはこの話題のために適切なトレーダー心理学をカバーするべきです。
• あなたが取り引きを置く前に停止の損失はあなたが受け入れる1ドルの量であるに違いありません。 あなたが取り引きについて考えることにおいてこの小さい区別は巨大なシフトでしょう。 あなたがいったんリスクを「受け入れる」と、これは疵のない実行を確実にするでしょう。 取り引きがあなたに敵対行動をとると、あなたが既にドル量の危険を受け入れて、その量で損失を取るのに付き合い易かったので、出るのは簡単でしょう。

停止の損失に頭文字をつけてください: あなたの原始記入で定義されるようにポイントを
危険にさらしてください。

停止の損失さえ壊してください: 位置があなたの好意に入って来るとき、あなたは停止損失ポイントを元のスポットから均等な中断領域へ移します。

引きずっているStop Loss(利食い): 勝利位置に重要な利益を保護するのにおいて、使用されています。 目的はいくつかの利益を閉じ込めることです。

買物停止は、停止限界、学ぶ重要な命令を制限して、販売します。

• 市場注文に代わって通常使用されています。

• 意志は、流動性を利用して、価格改良を得ることです。

• 「速い」市況でいっぱいにさせるのを助けますが、指し値より悪い中詰め(成り行き注文のように)を入らせることができません。

• 買物停止限界は売れているという現在の最高付け値の上に置かれた買物へのオーダーです。


• Aは売れています。買う現在の努力より下で停止限界は売り注文です。


 どう適切に移動平均線を使用するか。

事態を簡単に保とうといって、お金を稼ぐために、私たちはここにいます。 非常にたやすく、得るのが高級インディケータの無数の中と、そして、使用の上でそれらをしゃぶったということです。 フロアトレーダーによる移動平均線のオリジナルの使用はそれほど複雑ではありませんでした。

平均した月には20の取引日があります。 「今日の価格行動が平均の上、または、平均の下にありますか?」 質問の答に基づいて、フロアトレーダーは長いか短い側まで偏見を持っているでしょう。 それがどのように使用されたかは、非常に簡単でした; それは魔法のツールではありませんでした。

あなたが取り引きしているとき、あなたがしたくている最後のことは、あまりに一生懸命、あなたが市場があなたに言っていることを聞きたくていると思っています。 今日の技術的に高度な市場での移動平均線の適切な使用はフィルタとして私たちへのそれらです。

ここに、それらを使用する最も良くて最も有益な方法があります:

1. 傾向フィルタとして。 それを使用してください、すぐに偏見を特定する方法; 私は、長いですか、背が低くあるべきですか? あなたは、雑音を無視するのにそれを使用して、あらゆる光点へのあまりに多くの強調を置いていなくて、印刷します。 私たちは、20期間の単純移動平均を使用するのを勧めます。

2. 傾向の強さを測定するのにそれを使用します。 20smaが横であるなら、偏見が全くなくて、またあなたを取り引きしません。推測しています。 それでaが上向きに良くなるか、下向きに、坂になりなさいて、またはあなたが積極的にその方向に取り引きしているなら。

3. 勢いを測定するのに2番目の移動平均線を使用します。 私たちは、私たちがモニターするすべての時間枠で勢いを測定するのに5smaを使用するために教えます。 助けへのすばらしいツールが良く保持する方法は取り引きされます。 勢いが傾向より上まで残っているなら、取り引きにあなたが移動における疲労困憊を見るか、または勢いが傾向に交差するときに時忠実です。 私たちがEquity Trader101コースで教えるより多くのテクニックがありますが、あなたは考えを得ます。 魔法のポイントとして使用するのではなく、フィルタとして移動平均線を使用します。



 どの株を取り引きしたらよいかをどう選ぶか。

短期間取り引きにおける目的は一貫した生活をすることです。 はるかにあまりに多くのトレーダーが、危険を管理することができないくらい換金しにく過ぎるか不安定な株を取り引きすると決めます。 換金しにくいストックはあなたが出たがっているところで容易に取り引きを出ることができるくらいの売り呼び値がないものです。 あなたが売り注文を置くことになっていて、ストックを.10の下側に打つなら、液体ではありません。 不安定な株の取り引きは、おもしろく聞こえて、最も多くの潜在的利益を提供するように見えるでしょう。 表面では、毎月あなたの勘定を支払うためにあなたが、なぜ専門家になると決めたかを覚えているのを除いて、これがすばらしく聞こえて、毎日最大の不安定さを取り引きするのは、救貧院への迅速な道です。

理財株には、2つの特性がそれらによるあなたの毎日のビジネスの一部であるつもりであるならあるべきです: 管理するくらいの液体のリスクと提供することができるくらいアクティブな理財の機会。

私たちは、あなたが株の2つのグループの1つを選ぶのを勧めます:

1. あなたが毎日取り引きする非関連している株のかご



2. あなたが手の甲のように学ぶセクターか産業。 あなたは、妄想を抱くためにここでセクターと産業の故障を見つけることができます。

Keystone Trading Groupの法人のアカウントを取り引きすることに関して学びたいか、またはKeystone Trading Conceptsのクラスを取りたいなら、ここに私たちに連絡してください: info@keystonetradinggroup.com

そこである、あなたがそうしたいどんな話題も、将来のニュースレターで. prenzulli@keystonetradinggroup.com を私に知らせてくださいというように見ます。

www.keystonetradinggroup.com
をすばらしくて有益な週間持ってください。

Keystone Trading Groupの創設者とインストラクターはここ7年間有益な短期間取り引きデスクを管理しています。 当店自慢の料理は短期間イントラ日から5日の株式取引です。

Article Source: http://EzineArticles.com/?expert=Pete_Renzulli
http://EzineArticles.com/?Stock-Trading-Tips-You-Can-Use-Today&id=543668

Stock Trading Tips You Can Use Today



Stock Trading Tips You Can Use Today
By Pete Renzulli




In this issue:
• Trading to make money vs. being right

• Stop loss orders: more than just taking a loss

• How to properly use moving averages

• How to choose which stocks to trade



 Trading to make money vs. trading to be right.



One of the most common problems new traders’ face is truly understanding the fact that losses are a part of the business. Trades that don’t make money are as inevitable as needing air to breath. Here is the key that new traders fail to grasp:



A losing trade isn’t necessarily a bad trade. Trades entered based on a well thought out and written trading plan are good trades, no matter the outcome. Often we ask traders on our trading floor “Would you make the same trade again?” after they exit a trade that was not profitable. If the answer comes back yes we know the trader is on the right track.



A trader who can answer yes to this question is trading to make money. They understand this is just one trade of maybe hundreds they will make this month. A trader who has attained this important mindset will move effortlessly from one trade to the next. Ask yourself if that is how you react from trade to trade.



The trader who gets frustrated and yells at the screen or pounds a keyboard is trading with his ego. He is trading to prove his brilliant analysis correct.
The easiest way to monitor if you are trading to be right: pay attention to how flawlessly you exit a losing trade. If you hesitate at all, you have some mental work to do.



Another important question to ask yourself while in a trade: “If I did not have this position, would I want it?” If the first answer comes back NO, and you don’t get out of the trade, you are trading from your ego.



A trader’s maxim: Assess probabilities, put the trade on, let the trade unfold, do what you planned to do.



 Stop loss orders: more than just taking a loss



If I had to put a percentage on the time spent on entry signals vs. time spent on exit techniques, I would say its 90-10 entry signals. Learning how to manage a position properly will ultimately be the reason you take home a check every month. Your ultimate goal is to “make what you should” on your trades. Obviously its not possible to get out at the extreme of a move on a consistent basis, but there are some techniques you should use to maximize profits and minimize losses.



Before we discuss specific stop loss techniques we should cover the proper trader psychology for this topic.
• The stop loss must be a dollar amount you accept before you place the trade. This small distinction will be a huge shift in your thinking about a trade. Once you have “accepted” the risk, this will ensure flawless execution. If a trade moves against you, it will be easy to exit because you have already accepted the dollar amount risk and were comfortable with taking the loss on that amount.



Initial Stop Loss: Risk point as defined by your original entry.



Break Even Stop Loss: When a position moves in your favor, you move the stop loss point from the original spot to your break even area.



Trailing Stop Loss (profit taking): Used to protect significant profits on a winning position. Objective is to lock in some profits.



The buy stop limit and sell stop limit, important orders to learn.


• Typically used in place of market orders.

• Intention is to take advantage of liquidity and get price improvement.

• Helps get filled in “fast” market conditions, but cannot get a worse fill (as with a market order) than the limit price entered.

• A buy stop limit is an order to buy placed above the current best offer to sell.

• A sell stop limit is an order to sell below the current bid to buy.



 How to properly use moving averages



Let’s keep things simple, we are here to make money. It is very easy to get sucked into the myriad of fancy indicators and over use them. The original use of moving averages by floor traders was not very complex.



There are 20 trading days in an average month. “Is today’s price action above or below the average?” Based on the answer to the question, floor traders would have a bias to the long or short side. It was very simple how it was used; it was not a magic tool.



The last thing you want to be doing when you are trading is thinking too hard, you want to be listening to what the market is telling you. Proper use of moving averages in today’s technologically advanced market is to us them as a filter.



Here is the best and most profitable way of using them:

1. As a trend filter. Use it a method quickly identifying a bias; should I be long or short. Use it to filter out the noise so that you are not placing too much emphasis on every blip and print. We recommend using a 20 period simple moving average

2. Use it to determine strength of trend. If the 20sma is sideways, there is no bias, don’t trade you are guessing. If it has a nice upward or downwards slope, you should be trading aggressively in that direction.

3. Use a second moving average to determine momentum. We teach to use a 5sma to determine the momentum on all time frames we monitor. The method a great tool to help hold good trades. If momentum remains above the trend, stick with the trade until you see exhaustion in the move or when the momentum crosses the trend. There are more techniques we teach in the Equity Trader 101 course but you get the idea. Use moving averages as a filter, not as magic points.



 How to choose which stocks to trade



The objective in short term trading is to make a consistent living. Far too many traders decide to trade stocks that are too illiquid or too volatile to manage risk. An illiquid stock is one that does not have sufficient bids and offers to get out of a trade easily where you want to. If you were to place a sell order and it would knock the stock down .10, it is not liquid. The trading of stocks that are volatile sounds exciting, and would appear to provide the most profit potential. On the surface this sounds great, but remember why you decided to become a professional trader, to pay your bills every month, trading maximum volatility everyday is a quick way to the poor house.



Money making stocks should have two characteristics if they are to be a part of your daily business: liquid enough to manage risk and active enough to provide money making opportunities.



We recommend you pick one of two groups of stocks:

1. A basket of non correlated stock that you trade every day

2. A sector or industry that you learn like the back of our hand. You can find a breakdown of sectors and industries here to get ideas.




If you would like to learn about trading a Keystone Trading Group corporate account, or would like to take a Keystone Trading Concepts class, please contact us here: info@keystonetradinggroup.com



If there any topics you would like to see in future newsletters, please let me know. prenzulli@keystonetradinggroup.com



Have a great and profitable week. www.keystonetradinggroup.com



The founders and instructors of Keystone Trading Group have managed a profitable short term trading desk for the last seven years. Our specialty is short term intra day to five day stock trades.



Article Source: http://EzineArticles.com/?expert=Pete_Renzulli
http://EzineArticles.com/?Stock-Trading-Tips-You-Can-Use-Today&id=543668






ラベル:株取引
posted by チキンハートまうす at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外投資家のノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。