ロスカットも利益確定も自由自在、マネックスのツイン指値

2007年12月12日

日経暴落の中で奮闘中のお勧め株銘柄


日経平均大幅反落

予想通りとはいえ、ひどい寄り付きでしたね。

下げ幅一時300円超とは何日ぶりだろう。


2007年12月12日前場寄り付きの東京株式市場で
日経平均株価は大幅に反落して始まってしまいました。

前日にひさしぶりに回復した1万6000円の大台を
ほんとにようやく回復した大台を大きく大きく割り込み、
数日分がいっぺんに吹っ飛んで暴落です。

1万5700 円台での推移、下げ幅は瞬間的には300円超に達しました。


この下げの理由は明快です。

前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げが決定されたのですが、
市場は0.5%の下げ幅を期待したにもかかわらず、FOMCが踊りませんでした。
結局、無意味に0.25%の利下げにとどまりました。

0.25%の利下げ幅に失望した11日の米株式相場は300ドルの急落でした。
NYダウのの急落を嫌気した売りが東京市場でも幅広い銘柄に先行しています。

全面安の展開ですが、売り気配のまましばらく寄り付かない、
そういう形が主力株ほど目立つ状況となっています。

東証株価指数(TOPIX)も当然ながら大幅に反落しています。


個人的には本日のお勧めは
グローリー(株) 【大証1部:6457】
でございます。

売られ過ぎからの反発で、
市場の傾向にあまり関係なく上げています。
ぜひぜひ。
posted by チキンハートまうす at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。