ロスカットも利益確定も自由自在、マネックスのツイン指値

2013年02月02日

アベノミクスの景気上昇基調で何に投資するか?

アベノミクスと言われている、安倍政権開始に伴う円高解消と株式上昇。

これ、いつごろから発生しているのかと思って確認してみたところ、実は非常にわかりやすい時点で発生していた。

アベノミクスMACD.jpg

なんと、野田首相が解散総選挙をはっきりと告げた2012年11月中旬、ここからMACD反転上昇が続いている、そしてそれは2013年1月中旬まで3か月間続いたのだ。

なんとわかりやすいテクニカル指標だったんだろうか。

それほどみんな、民主党政権下では経済の先行きがどうしようもないと思っていたのだ。

もう一度、株式投資に人が戻ってくるのか?

それとも、もっと他の投資に進むべきか?


私の今の判断は、やはり株式よりもFX投資。

少なくともこれからしばらくは日本経済は世界の中で上昇基調で動く、こういうときの為替投資市場は読みやすいのだ。

上がるにしても下がるにしても、メリハリが付いた動きをする可能性が高い。




為替取引を始めるなら≪DMM FX≫


それで儲けるか儲けないかはあなた次第なのだけれども、少なくとも、動きを読みやすい時代がしばらく始まるんじゃないかと僕は思う。

ちょっとワクワクしている。
posted by チキンハートまうす at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。